フレッツ光なら光コラボ!

フレッツ光を使うなら、プロバイダは何を選べばいいのでしょうか?プロバイダは種類がたくさんあって料金プランも様々。

同じフレッツ光でも速度に違いがあったりととても選びにくいですよね。実はフレッツ光を選ぶよりフレッツ光と連携している光コラボを契約するのがおすすめなんです。

そこでこちらではフレッツ光をつなぐ際におすすめのプロバイダを比較してご紹介します。比較ポイントを明確にして選ぶので、なぜそのプロバイダをおすすめするのか、納得していただけると思います。それではフレッツ光におすすめなプロバイダの情報を見ていきましょう!




確認しよう!フレッツ光とプロバイダ

フレッツ光とは?

フレッツ光とはNTT西日本、NTT東日本がそれぞれ提供する光回線サービスの総称です。

公式での通信速度は最大1Gbps。モバイルWiFiやスマートフォンなどと比べて非常に速い通信速度が特徴です。全国的に展開しているサービスなので申し込めばほとんどの方がお使いいただけます。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネット通信サービスを提供する業者のことです。光回線などの固定回線用のプロバイダとモバイルWiFiなどの持ち運び回線用のプロバイダが存在します。

今回はフレッツ光のおすすめプロバイダをご紹介するので、固定回線のプロバイダについてご説明します。

両者の関係性をご紹介

「フレッツ光」と「プロバイダ」の関係についてご説明します。「フレッツ光」とはNTTのサービスの一種で、NTTが提供する「光回線」のことを指します。フレッツ光は言うなればただの光の通り道ですので、光が通らなければなんの意味もありません。

そこで、このフレッツ光に「光=インターネット」を供給する役割を担うのが「プロバイダ」です。「プロバイダ」と「フレッツ光」のどちらか片方を契約してもインターネットを利用することはできません。

光の通り道であるフレッツ光にプロバイダからの「光=インターネット」を通すことでようやくインターネットを利用できます。したがって、これまでのインターネットの契約にはプロバイダとフレッツ光の2つの会社と別々に契約を結ぶ必要がありました。

しかし、今回おすすめする「フレッツ光コラボ」というサービスの登場で、この状況は一変しました。


フレッツ光コラボがおすすめ

これまでのインターネットの契約はフレッツ光とプロバイダの2つの契約が必要でしたが、光コラボの登場によりフレッツ光とプロバイダを1つにまとめて契約する事が可能になりました。

フレッツ光コラボはNTTのフレッツ光とプロバイダの業者がコラボして生まれたおすすめサービスです。契約が1つにまとまったことで料金が割安になり手間もかからないので、プロバイダの契約をお考えの方にはフレッツ光コラボから選ぶことをおすすめします。

しかし、フレッツ光コラボの誕生後、NTTのフレッツ光とコラボするプロバイダ業者は非常に増え、その業者数はなんと200にも登ります。

当然、プロバイダ業者の数だけ料金プランは増え、それぞれのプロバイダ業者が工夫して独自のおすすめする強みを作り出していったので、これまで以上にプロバイダを選ぶことが難しくなってしましました。

そこで、まずはおすすめのプロバイダを選ぶためにフレッツ光コラボについて知っておくべき情報をご紹介します。フレッツ光コラボも基本的にはプロバイダで選ぶことになります。

フレッツ光コラボ一覧

フレッツ光コラボでおすすめのプロバイダを表にまとめました。

  • 携帯電話事業者
    ドコモ光
    ソフトバンク光
    So-net光
  • プロバイダ事業者
    So-net
    GMOとくとくBB
    Yahoo!BB


ここで、携帯電話事業者(以下、携帯業者と略)とプロバイダ事業者で分かれていることにお気づきになると思います。まず携帯事業者の光コラボについてご説明します。

携帯事業者光コラボ

ドコモ光やソフトバンク光など、携帯事業がフレッツ光の光回線とコラボしたサービスもフレッツ光コラボに含まれます。

携帯業者光コラボの特徴は、ドコモのスマホを持っていればドコモ光で、ソフトバンクスマホならソフトバンク光で、それぞれ大きな割引があるという点です。

家族で複数台のスマホを契約している場合には実質無料での契約も可能になります。(一部光コラボサービス)

したがって、ドコモ、ソフトバンク、auのスマホを契約している方には携帯業者のフレッツ光コラボをおすすめします。

また、少し複雑ですが携帯業者はプロバイダではないので、携帯業者のフレッツ光コラボを契約するときはまた別にプロバイダを選ぶ必要があります。といっても、契約をするのは1社のみで手間はかかりません。以下に例を挙げます。

ソフトバンク光でプロバイダはYahoo!BBを選んだ場合

  1. ソフトバンク光に申し込み
  2. 申込先でプロバイダにYahoo!BBを選ぶ
  3. ソフトバンクと契約開始


請求先もソフトバンク1社のみなので家計の管理も簡単に済みます。ドコモ光はプロバイダを約20社から選べるので、割引を考慮に入れてプロバイダを選ぶことができます。

契約も簡単で大幅な割引もあるので、ドコモなどのスマホをお持ちの方は携帯業者のフレッツ光コラボを選ぶのがおすすめです。

逆にau、ドコモ、ソフトバンクのスマホをお持ちでない方はプロバイダが提供するフレッツ光コラボをおすすめします。

しかし結局どちらもプロバイダを選ぶ必要がありますね。ではどうやっておすすめプロバイダを選べばよいのでしょうか?

比較ポイント

フレッツ光コラボとプロバイダを選ぶには3つのポイントで比較することが重要です。ひとつずつご紹介していきましょう。

速度(接続方式)

通信速度はプロバイダごとに異なりますし、各住宅でも異なります。ネット上の口コミで「このプロバイダが速かった」とあったとしても、あなたの住宅に接続すると遅い可能性もあります。

したがって、速度に関しては接続してみるまで断定することはできないです。しかし、一般的に速度が速い接続方式は存在します。

それは「IPv6 IPoE」(ネイティブ)方式です。これまでの通信は「IPv6 PPPoE」(トンネル)方式が用いられていました。

トンネル方式では回線速度が遅くなる要因がいくつかありましたが、ネイティブ方式はそれらが解消された接続方式なのでおすすめ。

基本的にトンネル方式を用いるプロバイダが多いですが、別途契約をすることでネイティブ方式での接続に対応するサービスもあります。

したがって、ネイティブ方式に対応したプロバイダを選ぶことで回線速度を改善する余地が生まれます。あくまで余地が生まれる程度なので、「料金などは気にせず最速の回線速度を求める」方はネイティブ方式に対応したプロバイダを選ぶことをおすすめします。

料金

フレッツ光コラボとおすすめプロバイダを選ぶ際に絶対にポイントとなるのが料金です。月額料金が1,000円違うだけで年間12,000円も差が生まれます。

安すぎてもサービスの質が悪いと契約する意味が無いので、サービスに問題が無いと言われるプロバイダの中で料金が安い物を選ぶことをおすすめします。

キャッシュバックキャンペーンなどで実質の月額料金は変わりますが、後に紹介するおすすめプロバイダではそれらを考慮に入れてご紹介致します。

戸建てか、マンションか

現在お住まいの住宅、または引っ越しで契約をする予定の住宅が戸建てなのかマンションタイプかで特徴があります。

以下に表でまとめました。
戸建て マンション
料金 マンションタイプと比べると高い 月額が安い
速度 速度が落ちにくく安定している 同一建物内の加入者が多いと不安定な可能性あり


基本的にマンションタイプのほうが月額1000〜1500円ほど安く契約することができます。

しかし、同一建物で加入者が多いと1本の回線を複数の加入者が利用することになるので、戸建てでの契約より通信速度が不安定になることも。

これを回避するために、マンションタイプでプロバイダを探すなら「光ファイバー方式」のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、光ファイバー方式であれば部屋の中に光ファイバーケーブルが届くので速度が安定していることが多くおすすめだからです。

おすすめのプロバイダをご紹介

それでは、重要ポイントを踏まえて選んだフレッツ光回線でおすすめのプロバイダをご紹介します。

まず、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホをお持ちの方におすすめの携帯業者光コラボのおすすめプロバイダについて。どうぞご覧ください。

携帯業者光コラボおすすめプロバイダ

以下におすすめするプロバイダは対応するキャリアのスマホを契約していると、1,000円〜3,000円ほどの割引適応されます。

割引金額は契約しているスマホのプランにもよりますが、家族で複数のスマホを契約している場合には1台ごとに割引が適応され、実質月額無料での利用が可能です。

携帯業者の光コラボはキャリアによる割引額が大きいので、キャリア対応のスマホをお持ちの方は「これ以外ありえない」と言えるくらいおすすめです。

ドコモ光+GMO(ドコモ)

戸建て:5,200円
マンション:4,000円

ドコモユーザーにおすすめのフレッツ光コラボとプロバイダは「ドコモ光+GMO」です。GMOのインターネット接続は利用開始の際に設定をする必要がありません。つないで30分待つだけで自動で設定が完了します。

また、ドコモ光を選ぶことでポケットWifレンタル利用料金が無料で利用できるサービスもあります。利用開始まで手間がかからず、ポケットWifiも使えて非常に便利なのでおすすめです。

So-net光コラボ+So-net(au)

戸建て:4,400円
マンション:3,300円

auユーザーにおすすめのフレッツ光コラボとプロバイダは「So-net光+So-net」です。ドコモ、ソフトバンクのフレッツ光コラボと比べて基本料金が低いのが特徴です。

その理由はサイト限定のキャンペーンで30ヶ月間月額料金800円引き特典が適用されているで、auユーザーならさらにお安くお使いいただけます。

20日間無料のポケットWifiレンタルサービスも実施中で、申し込んでから工事までの期間もインターネット環境を使えるなど、おすすめのプロバイダです。

ソフトバンク光+Yahoo!BB(ソフトバンク)

戸建て:5,200円
マンション:3,800円

ソフトバンクユーザーにおすすめのフレッツ光コラボとプロバイダは、「ソフトバンク光+Yahoo!BB」です。現在、工事費無料のキャンペーンを実施中で、本来の工事費18,000円が無料と大変お得になっています。

期間限定のサービスでおすすめのプロバイダなので、ソフトバンクユーザーの方はぜひこの機会にお申し込みください。


その他のスマホをお使いの方は

So-net光コラボ+So-net

戸建て:4,400円
マンション:3,300円

その他のスマホをお使いの方におすすめのフレッツ光とプロバイダはSo-net光コラボ+So-netです。

auスマホユーザーの方にもおすすめしましたが、So-net光は純粋に月額料金が安いです。

基本月額料金は5,200円ですが、プロバイダ比較.net限定のキャンペーンで30ヶ月間月額800円引という特典があるのでおすすめ。

30ヶ月間というのはSo-net光の契約期間と同じであるので、契約期間の実質月額料金は4,400円で比較的安いのでおすすめです。

auユーザーならauセット割引が使えて月額2,900円からお使いいただけますし、auユーザーではない方も初期工事費無料などの特典があります。

プロバイダ比較.net限定のキャンペーンですので、ぜひこの機会に申し込んではいかがでしょうか?